公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何をするところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開
ホーム>腎臓ってなにをするところ?

腎臓ってなにするところ?

腎臓ってなにするところ? 腎臓って何をするところ? 腎臓が悪くなると? 糖尿病と腎臓 腎臓はどこにあるの?
さて腎臓は身体のどこにあるのでしょうか。

腎臓は腰のあたり、腸の後ろに左右1個ずつあり、握りこぶしぐらいの大きさです。一個の重さは約120g、形はソラマメ型で、内側のへこみから尿管や動脈・静脈が出入りしています。
1分間に約1Lもの血液が流れている、血液流量が最も多い臓器です。
これは血液中の老廃物を尿に捨て、きれいになった血液を心臓に戻すという大切な役割を担っているためです。

腎臓の役割は?
腎臓は、血液をきれいにするだけでなく、排泄やヒトの体液を正常に保つ機能があります。
この働きにより私たちの血液はいつもきれいな状態に保たれ、健康に過ごすことができるのです。
尿を作ります。
  • 血液をろ過して、身体に不要となった老廃物を尿として排泄します。ろ過されてきれいになった血液は、再び身体を循環します。
体内の環境を調節します。
  • 身体の水分・血圧・多く取りすぎた塩分を調整します。
  • 身体の中にある体液の濃度・量の調節、血液の酸性・アルカリ性のバランスを調節します。

骨・血圧・血液に関する大切な働きも行います。
  • 骨を強くするホルモンをつくります。
  • 血液(赤血球)をつくるホルモンを出します。
  • 血圧を調節するホルモンを出します。


腎臓の構造はどうなっているの?
腎臓は、糸球体と尿細管に大きく分けられます。また腎臓は、機能上ネフロンという単位で成り立っており、ネフロンは片方の腎臓に100万個もあり、ここで尿を作っています。
糸球体−血液をろ過する働きがあります。(毎日150L)
腎臓に流れ込んだ血液の約20%、小さな分子の水、電解質(ナトリウム、カリウムなど)、尿素やクレアチニン、ブドウ糖やアミノ酸、ビタミンなどがろ過されます。この糸球体は、尿細管に続いています。
尿細管−糸球体でろ過されたろ液成分を調整する働きがあります。
身体にとって必要なものまでろ過され、尿として排泄されてしまうことがないようにしなければなりません。このため必要に応じて再吸収します。約99%が再吸収され、残り1%が尿になります。

腎臓の病気にはどのような種類があるの?
内科・小児科的な病気と泌尿器科的な病気に大きく区別されます。
内科・小児科的な病気
  • 糸球体腎炎(急性、慢性)
  • 全身性疾患(糖尿病、膠原病、腎硬化症、多発性骨髄炎、高血圧など)に続いて起こる腎臓の病気
泌尿器科的な病気
  • 水腎症、多発性嚢胞腎、腎結石、腎腫瘍など。

日本では、糖尿病性腎症、慢性腎炎、腎硬化症、膠原病による腎症、多発性嚢胞腎、急速進行性腎炎の順に患者さんが多いといわれています。

腎臓って何をするところ? 腎臓が悪くなると? 糖尿病と腎臓

 

ページトップへ