公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何するところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開

褒賞

昭和52年より毎年、腎臓学の研究に関する注目すべき業績に対して、褒賞を行っています。受賞者は褒賞選考委員の厳正なる選考により決定します。これまでに延べ152名の方々が受賞されました。受賞式の後、研究苦心談や今後の抱負を語る座談会が行われ、その座談会記録は、雑誌「腎臓」に収録されます。

日本腎臓財団賞(旧腎研究会賞)
わが国の腎臓学の進歩、専門家の育成、患者さんの社会福祉増進に対して多大な貢献をされた方に贈られます。
学術賞(旧学術奨励賞)
腎臓学に関し、学術的に多くの方々に認められ、今後なお発展する公算が大きい研究業績をあげられた方に贈られます。
大島賞
(昭和56年度〜平成6年度。平成7年度以降、日本腎臓財団大島賞として当財団の助成により日本腎臓学会から授与されています。)
優秀研究賞(旧大島賞)(平成7年度)
腎臓学に関して、優秀な研究を行っている若手研究者の方に贈られます。
功労賞
平成19年度より新設。永年に亘り腎臓の分野では日の当たり難い研究や治療等に功労があった方、また当財団の活動に対して、多大なご貢献をいただいた方に贈られます。
特別功労賞
わが国の腎臓学および当財団に対して、顕著な貢献をされた方に贈られます。
今までの受賞者リストはこちらからPDFファイル(213KB) pdf

 

ページトップへ