公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何するところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 ご寄付のお願い 財団の情報公開
ホーム財団の事業活動>雑誌「腎不全を生きる」

雑誌「腎不全を生きる」

雑誌「腎不全を生きる」

対象 腎不全患者さん
創刊 昭和49年4月20日
現在まで55巻に至っています

この雑誌は、患者さんご自身に腎不全について知っていただき、腎不全というハンディはあっても約32万人の多くの仲間と励まし合って、より良い生活が送れるよう、またその力を社会へ役立てていただきたい、という思いから始めました。患者さんにわかりやすい内容を心がけて作成しています。ご好評を得て、発行は年2回、部数は、計93,000部に達しています。

「腎不全を生きる」編集委員の先生方のご協力により、企画、編集を行っています。また、読者である透析患者さんのご要望もできるだけ反映するよう努力しています。

雑誌「腎不全を生きる」

雑誌「腎不全を生きる」VOL.47〜55までの各号の目次 閲覧可能なバックナンバー Q&A 患者さんからの質問箱

雑誌「腎不全を生きる」 最新号

VOL.55,2017(2017年3月20日発行)
オピニオン 「透析療法の進歩」
武本 佳昭(大阪市立大学大学院 医学研究科 泌尿器病態学)
患者さんの
座談会〈48〉

C型肺炎治療を経験して〜C型肺炎は「治る」病気
司会 菊地 勘(豊済会 下落合クリニック)

特集

透析患者さんの肝臓を考える

1.透析患者さんの肝臓病
  泉 並木(武蔵野赤十字病院・消化器科)

2.C型肺炎 治療とこれからの対策
  宮崎 良一(藤田記念病院 内科)

3.透析室におけるC型肺炎の感染対策
  安藤 亮一(武蔵野赤十字病院 腎臓内科)

座談会 透析医療をささえる人びと<45>
肝臓についての意識を高めよう
司会 洞 和彦(北信総合病院)
特別企画 災害への備え
赤塚 東司雄(赤塚クリニック)
Q&A 患者さんからの質問箱
編集後記 前波 輝彦(あさお会 あさおクリニック⁄編集委員長)

雑誌「腎不全を生きる」発行部数の推移

「腎不全を生きる」発行部数の推移

 

ページトップへ