公益財団法人 日本腎臓財団
サイト内検索
文字の大きさ 小 中 大
ホーム 腎臓って何するところ? 財団のご案内 財団の事業活動 賛助会員 寄付のお願い 財団の情報公開
ご寄付のお願い
ホーム>ご寄付のお願い

ご寄付のお願い

当財団は昭和47年に設立されました。公益的な立場で「腎に関する研究を助成し、腎疾患患者さんの治療の普及を図り、社会復帰の施策を振興し、もって国民の健康に寄与する」ことを目的に、主に次の事業を行っています。

腎臓に関係のある研究団体・研究プロジェクト・学会・患者さんの団体に対する、研究・調査活動・学会開催・運営のための助成   腎臓病研究に従事する若手研究者及び腎不全医療、特に腎性貧血・腎性骨症に関する研究を行う医師に対する公募助成
透析療法従事職員研修の実施   刊行物の発行、雑誌「腎不全を生きる」(患者さん向け)の発行、雑誌「腎臓」(医療スタッフ向け)の発行
腎臓学の発展・研究、患者さんの福祉増進に貢献された方に対する褒賞   CKD(慢性腎臓病)対策事業
厚生労働省の臓器移植推進月間活動に対する協力    

当財団の活動は、全国の心ある大勢の方々からのご寄付によって支えられています。
皆様の温かいご支援によって、透析患者さんなど腎不全医療を受けておられる方々や、医師、看護師さんほか透析現場の方々、また腎臓関連の研究に携わっておられる研究者の方々に少しでもお役に立てるよう様々な事業の運営に努力しております。 是非皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

税制上の優遇措置

個人、法人ともに所得税について損金処理の出来る寄付金として、また、個人においては住民税(※)についても寄付優遇の免税措置が講ぜられます。

趣旨にご賛同いただき、ご寄付いただけます場合には、こちらをご覧ください。

(※ 都道府県または市区町村によって異なります)

ご寄付をいただくことが多いケース

  1. 腎不全医療の向上や充実のため役立てたいとのお考えから
  2. ご結婚、古希や喜寿、金婚式、快気祝いなどのお祝いの機会に
  3. 相続財産から遺言や遺言信託で、またはご遺族のご意向で
  4. 香典返しに代えて
  5. その他

イ.寄付金の申し込み、送金方法について

趣旨にご賛同いただき、ご寄付いただけます場合には、こちらをご覧ください。
また、ご寄付いただいた方には領収書と感謝状をお送りいたします。

ロ. 遺言信託について

本件についての提携先である三井住友信託銀行にお問い合わせいただくか、または同銀行のホームページでも手続きのご説明がご覧になれます。また当財団にお電話いただければご説明いたします。

ハ.相続税の優遇措置について

相続税申告の期限内に頂戴したご寄付(現金)には、相続税が課税されません。ただし、相続税申告される場合は、相続開始から10ヵ月以内の期限日までにご寄付のうえ申告する必要があります。
相続税申告をされる場合は、領収書とともに当財団発行の寄付証明書をご用意いたしますのでご連絡ください。

ニ.会葬者へのお礼状について

お志により香典からご寄付いただき、挨拶状送付の折に当財団のお礼状をご希望の場合は、ご希望枚数ご用意致します。詳細につきましては当財団にお問い合わせ下さい。

お問合せ先

お問合せ先

公益財団法人 日本腎臓財団 事務局
〒112-0004
東京都文京区後楽2-1-11 飯田橋デルタビル2階
TEL 03-3815-2989 FAX 03-3815-4988

 

ページトップへ